知識があればできる蛇口の交換の水道工事

日常生活の中で水を使わない日はありません。蛇口をひねれば安心して使える水が出てくる国は、世界中を見てもごくわずかです。それほど安心して使用できるインフラがあるのは魅力的な部分ではありますが、もし蛇口にトラブルが発生した場合には、自分たちで蛇口 交換などができないのであれば、専門業者に依頼して修理することが必要です。

■蛇口は構造的に難しくはない

蛇口 交換は、水道工事の範囲ではそれほど難しい部分ではありません。構造的にも上から順番に止まっている部品を分解していくため、方法さえ分かれば細かな部品も交換していくことができます。特に水のトラブルとして、パッキンは劣化の早い部品となるため、交換を考えておく必要があるでしょう。蛇口によってはカートリッジの交換になってくることもあるため、自分で蛇口を修理するのであれば基礎的な知識を身につけていくのは必須といえます。




■新しい蛇口に変える

機能的なことを考え、古い蛇口から新しいものに変えていくこともあるでしょう。修理も大切ですが、新品の蛇口取り付けも大事な役割になってきます。蛇口によっては、簡単に修理ができないようなことも出てくるため、専門業者に依頼することも考えておくべきです。水道を使うということでは、蛇口は欠かすことができないでしょう。使用感などから、気に入ったものを選び取り付けていくことが大切です。



■まとめ
蛇口は、知識さえあれば対応できますが、工事の時には、必ず止水栓を締めて、水が出てこない状況を作らなければいけません。水は圧力をかけて送られてくるため、非常に危険なことが出てきます。止水栓が見つからないときには、元栓を止めてしまうのが確実です。事前にどんなかたちで水を止めることができるのか、試してみることも必要でしょう。ドライバーなどの工具も必要になってくるため、いざというときに困らないようにすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ